★イントロダクション★

『BECK』『大奥』『パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT』と、話題作を次々に連打してきた若手実力派俳優・中村蒼が、おちゃめな爆笑学園コメディ『行け!男子高校演劇部』でさらなる魅力をはじけさせる! 

テレビドラマ「医龍」シリーズやテレビドラマ・映画『TRICK』シリーズなどでの怪演が記憶に新しい個性派俳優・池田鉄洋が初めて手掛けた映画脚本を、『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』と、感動コメディの名手・英勉監督のメガホンで贈る本作。
今回もかなりヤバい! 

頭からしっぽまで小ネタやギャグをオンパレードでお見舞いし、さんざん笑わせたかと思いきや、最後には観る者のハートをがっちりとキャッチする。
そんな心ニクい展開の青春痛快ムービーが誕生した。

中村蒼が扮するのは、男子校の新入生・小笠原役。彼は、女子にモテたいというヨコシマな理由で部活を選ぼうと思っていたが、ふとした勘違いによって、廃部寸前のへっぽこ演劇部に入部させられる羽目になる。
周りを見ると、今ひとつ頼りない部員2名と、それに輪をかけて全く頼りにならないアイドルオタクの顧問しかいない。
仕方なく新入部員獲得に孤軍奮闘する小笠原は、ようやく残りの2名をゲット。
その後演劇の地区予選大会という新たな目標が彼のテンションを上げていく。

また、演劇の見学に行った女子高で、ある美少女を見て恋に落ちた小笠原は、大会へのモチベーションが一層アップする! 大会当日、彼らが繰り広げた舞台は、予想もつかない型破りなトンデモ舞台となる!?

主人公・小笠原役の中村は、持ち前のスーパースマイルだけではなく、コロコロと表情が変わる百面相で、コメディの才能を本格的に開花させた。
そして、おバカな演劇部の部員役を演じた若手実力派俳優たちの競演も見逃せない。

確固たる演技力を見せてきた『DIVE!!』や『半分の月がのぼる空』の池松壮亮は、親友の大和田舵役で、ちょっぴり“恥辱的”体当たり演技にトライ!? 
その他、演劇部のメンバーとして、冨田佳輔、川原一馬、金子直史、稲葉友らフレッシュな面々が顔を揃えた。
劇中では、彼らのおちゃめな女装シーンも出血大サービスで登場する。

また、フレッシュなマドンナ役の新川優愛や足立梨花らの愛くるしさも、暑苦しい男ばかりの青春映画に華を添える。
そして、脚本を手がけた池田鉄洋が、演劇部の顧問でアイドルオタクの神田役に扮し、キモいキャラを炸裂させ、若手チームに援護射撃をするというのがこれまたニクイ。
おまけに、ある大物俳優が本人役で登場するというサプライズがあり、思わず「ヤラれました!」とニンマリさせられる。

最大の見せ場となるのが、演劇の地区大会で小笠原たちが見せる「最後の一葉」の舞台だ。舞台俳優としての経験豊かな池田鉄洋ならではの脚本が産み出した珍舞台を、英監督がコント的なテイストで映像化。
ギャグのジャブが徐々に効いてきたと思ったら、クライマックスではハラハラドキドキするスリリングな展開を見せ、観終わった後には予想外の爽やかな感動を呼ぶ。
これぞ、若手実力派俳優たちが起こした化学反応だ。

こんなのアリ!?
と思いつつ、拍手を送りたくなる!? 
いや~、男子だけの高校演劇部でも、この面子なら、ウルトラ楽しいので“大アリ”でしょう!!

TOP